トップページ | 尾瀬で遭難か 54歳女性、連絡取れず 群馬(産経新聞) »

2010年1月 8日 (金)

土地購入疑惑 小沢氏、聴取方針 東京地検 近く出頭を要請 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部が小沢氏から任意で事情聴取する方針を固めたことが5日、関係者への取材で分かった。近く聴取に応じるように要請する。

 小沢氏は疑惑に関する告発の対象になっていない。しかし、小沢氏が土地取引をめぐる陸山会と関連政治団体間の複雑な資金移動に関与した疑いが強いことから、疑惑の全容解明には小沢氏本人の事情聴取が不可欠と判断したもようだ。

 特捜部は通常国会が18日招集予定となったことを踏まえ、来週中にも陸山会の会計責任者だった民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=に対する政治資金規正法違反容疑での処分内容を最終判断する方針だが、その前に小沢氏に出頭を求め、土地取引の経緯や不記載の認識などについて説明を求めるとみられる。政権与党の幹事長が捜査機関から事情聴取を受けるのは極めて異例。

 関係者によると、陸山会は16年10月、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入。複数の関連政治団体を経由するなどして、土地購入の直前に現金約4億円が陸山会に入り、直後にも約1億8千万円が入金された。取引直後には4億円の定期預金が組まれ、小沢氏名義で4億円を借り入れていた。

 石川氏は特捜部の任意聴取に「小沢先生の指示で土地を購入した。運転資金が足りなくなり、小沢先生に相談して個人資金約4億円を貸付金として受け取り、土地代金に充てた」と供述したが、この資金を含む約5億8千万円は収支報告書に記載されていない。石川氏は不記載を認め、「ずさんだった」としている。

 また、翌17年3月にも別の4億円が陸山会などの口座に入金され、5月に引き出されていたほか、19年には陸山会が小沢氏に4億円を借入金返済名目で支出していたとされる。いずれも収支報告書に記載はなく、不記載の総額は10億円以上に上る可能性もある。

 特捜部は小沢氏本人しか分からない資金の移動が不記載となっていることなどから、事情聴取が不可欠と判断したもようだ。

【関連記事】
土地購入疑惑 ゼネコン一斉聴取 大久保被告「小沢氏指示で探す」
大久保被告を聴取 東京地検 ゼネコンも聴取へ
小沢氏「陸山会」 不記載は10億円か
小沢“金脈”どこまで迫れるか 石川知裕議員から事情聴取
小沢氏、秘書裏切り? 特捜「鉄の団結」切り崩しへ

とある営業マンのブログ
終わりなき旅
自己破産
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較

トップページ | 尾瀬で遭難か 54歳女性、連絡取れず 群馬(産経新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1319017/32910896

この記事へのトラックバック一覧です: 土地購入疑惑 小沢氏、聴取方針 東京地検 近く出頭を要請 (産経新聞):

» 「奥さんGOGO!!」のひとりごと。。。 [奥さんGOGO!!のblog]
いい天気ですね〜( [続きを読む]

トップページ | 尾瀬で遭難か 54歳女性、連絡取れず 群馬(産経新聞) »